運営者・海渡優

性の歓喜と高み、生きることの素晴らしさ、不思議さを求めて。

長年、純文学やミステリー、SF小説を乱読してきました。
最近、官能小説に嵌り、性の奥深さとエネルギーに惹かれました。遂には自分も官能小説、エロ小説を書いてみたいと思い、このサイトを立ち上げました。このサイトにはエロ小説を書くために集めた情報や、創作メモをアップしました。

性欲には限りがありません。それは食欲と同じで、強力な生存本能、いや遺伝子伝達本能だと思います。であれば、性欲は、私たちの体の奥深く、命の根本として、セットされているのです。
だからこそ、何百万本ものエロ動画やエロ写真が氾濫するにも関わらず、新たなエロの情報を求めて、様々なコンテンツを探し求め、飢えた餓鬼となって漁り続けてしまうのです。

特に男性にその傾向が強く、時に浅ましく、切なく、けなげに、あるいは幼稚に求めてしまう。性欲は常に渇望に晒され、飢えていて、求めても求めても満足することが無い。まさに無間地獄の世界です。
でも、それは偉大なこと、凄いこと、命の輝きなのだと思います。

命そのものが神秘だとすれば、エロスはさらに神秘的です。
エロスは、パートナーを限りなく慈しみ、愛し、求め、高め合う力を持っています。充足したセックスの後、パートナーに感じる親和感、愛おしさ感、かけがえの無さの感情、これらは互いにこの世界に存在することの喜びの感情です。
愛と幸せの物語はそこ行きつくと思います。

しかしその反面、エネルギーの方向性を一歩ずらしてしまうと、エロスほど強力で暴力的なものはありません。残酷な凌辱、虐待、時として殺人にまで至ってしまうのがエロスです。
日常的に報道される残酷な性的事件を目にすると、性衝動自体は、倫理や道徳、社会的抑制を超えた、凄まじい盲目のエネルギーだと思わざるをえません。

そんなマグマのような性衝動の渦の中で、パートナーを慈しみ高める性愛、性の喜びと歓喜と自己の解放、何よりも生きることの素晴らしさ、不思議さ、神秘性を描いてみたいと思っています。
その試みの一環をブログに掲載し、まとまれば電子書籍化しています。

電子書籍化リスト

2019/09/18