「 月別アーカイブ:2019年07月 」 一覧

愛人もどき46 犬阿闍梨の巨根が女を絶叫させる

2019/07/31   -愛人もどき

俺は彩夏の清楚な身体を抱きながら、ブルドッグ、つまり犬阿闍梨アジャリに視線を移し ...

愛人もどき45 唇を吸い乳房を揉みながら淫乱な饗宴が始まった。

2019/07/30   -愛人もどき

「始めます」 藤さんが言った。 それを合図に、突然、講堂内が真昼のように明るくな ...

愛人もどき44 若い女体をあてがわれ勃起する俺。その後は乱交?

2019/07/29   -愛人もどき

「次に座る席を決めさせて頂きます。男女ペアになっていただ来ます。組み合わせは、犬 ...

愛人もどき43 破邪食の行。宇宙の恵みを食し、性の絶頂で宇宙と融合すること

2019/07/28   -愛人もどき

大日如来を中心とした立体曼荼羅は間接照明で柔らかくライトアップされていたが、講堂 ...

愛人もどき42.射精のあと寺の中心部へ。大日如来の荘厳な立体曼荼羅

2019/07/27   -愛人もどき

樹上の金色のブルドッグの読経が終わった。 悠然とした読経の時間はどれほどだったの ...

愛人もどき41.観想の凜はザーメンを注がれ、オーガスムで中イキの痙攣。

2019/07/26   -愛人もどき

観想の中で・・・ 凜は自然に片足を上げ、俺に絡みつき、腰をくねらせ始める。 俺は ...

愛人もどき40.滝の中、凜の濡れた女体が妖しく悶え始める

2019/07/25   -愛人もどき

まず、女たちが彩夏に導かれて、滝の下の川端に足を踏み入れた。 そして、片方の手で ...

愛人もどき39.滝を前に女達の太腿が白く輝いて

2019/07/24   -愛人もどき

戸惑っている俺たちに彩夏が声を掛けた。 「蘭さんと凜さんは私について来てください ...

愛人もどき38.鬱蒼とした木立の中の控えめな寺

2019/07/23   -愛人もどき

四八号線は国道ではあるが、まさに田舎道である。曲がりくねっていて狭い道が続く。 ...

愛人もどき37.国道四八号線をひたすら南へと走った

2019/07/21   -愛人もどき

俺は国道四八号線をひたすら南へと走った。 俺の頭の中のナビゲーターはとにかく四八 ...